グリップ内にLiPoバッテリー収納+ライトカスタム

今回の商品紹介は、『東京マルイ SCORPION mod.M』のカスタムです。
Mac10、スコーピオン Vz.61、MP7A1に続き、マルイのオリジナルモデルとして登場したこの銃。

初速こそ若干控えめだが、軽量かつコンパクトに加え抜群の命中精度でインドアからアウトドアまでをカバーするコンパクト電動マシンガンシリーズ。

このコン電シリーズの泣き所である『バッテリー問題』を解決しました!

標準のマルイ製バッテリーは7.2v500mAhのニッ水バッテリーで、容量も少なくパンチ力不足でレスポンスにストレスを感じ、リポバッテリーを使ってる方が多いのではないでしょうか。
カスタムしてしまうと純正のバッテリーではまともに動かすことすら難しくなってしまいます。

なので容量は小さいが電動ハンドガン用のリポを使ったり、バッテリーケースを取り付け外部バッテリー化したりして対応していたと思います・・・私のMP7A1もそうですが。

そこで、今回はグリップ内にリポバッテリーを入れちゃおう!

ということです。

今回選んだバッテリーは『OPTION No1 BIG POWER 7.4v1100mAh 30C』です。
これで圧倒的なレスポンスの向上とサイクルアップに加え、純正の2倍以上の容量が手に入ります!

タミヤミニコネクターでも入らないことはなかったんですが、通電効率と小スペース化でミニT型コネクターにしました。

では入れてみましょう。
はい!きれいに入りました。
蓋を閉めたら出来上がり!
見た目は普通のスコーピオンmod.Mです。
ちなみに、Vz.61のスコーピオンもグリップinバッテリー仕様できますよ。

今回はライトカスタムも同時に行っております。
カスタム後の変化は下のような感じです。

【ノーマル】※マイクロバッテリーを持っていないので、ネットで見た数値を記載しております。
・初速 約80m/s ・サイクル 10.8発/秒

【カスタム】※実測
・初速 約92m/s ・サイクル18発/秒
見た目は全くのノーマルでこの数値!
まさに『羊の皮をかぶった狼仕様』ですね。

今回作成分は基本となるライトカスタムのみなので、追加でSBDを付けたり、配線をシルバーコードに変えたりするのもいいと思います。

【SCORPION mod.M SAATカスタムモデル仕様】
・東京マルイ スコーピオンmod.M本体 26800円

・ライトカスタム(インナーバレル、スプリング、その他) 6800円
・グリップ内バッテリー収納加工(配線加工含む) 4500円
・OPTION No1 7.4v1100mAhリポバッテリー 3500円
合計 41600円(税別)
からの7000円引き!

本体+カスタム+リポバッテリー ¥34600(税別)

で販売中!

こいつで周りに差をつけよう!