大分県速見郡日出町豊岡1830-2 ガンショップ併設、2000坪のアウトドア型サバゲーフィールド 

初心者/女性/装備例

  • HOME »
  • 初心者/女性/装備例

サバゲーやってみたいけど・・・という方へ

エアガンやサバゲーに興味はあるけれど、撃ったことない方や、持ってはいるけど参加したことはない方、また、「知らない人達といっしょにプレーできるかな?」等、きっと不安も多いでしょう。

大丈夫です!最初はみんなそうですから(^^)
それに、最近では女性のプレイヤーもよく見かけるようになってきました。
「サバゲー女子」っていう言葉もあるくらいですからね♪

銃の取り扱いはもちろん、ゲームのルールや注意点、ちょっとしたコツ等をきちんと説明しますので、安心してご参加ください。

また、複数の人達といっしょにプレーするのを不安に思う方もいらっしゃると思いますが、ゲーム開始前に他のプレイヤーの方に「初心者です」ということで紹介しますので、安心してください。
私がフィールドに入れるときは、いっしょにアドバイスしながらプレーしたいと思います。

何度かプレーしないと慣れないかもしれませんが、サバゲーという非日常空間を「楽しい」と感じてもらえるよう努めますので、まずは来店して無料試射でもやりながら雑談しましょう!


サバイバルゲームを安全に楽しむための装備とは

サバゲーを安全に楽しむためのポイントの一つに「装備」があります。
プレイヤーの中には、実際に軍が使用している物を装備している本格派もいれば、「ケロロ軍曹」や「メイド服」などでみんなを楽しませてくれる「コスプレ派」など様々です。

まずはお手本となる装備例を見てみましょう。
※写真のモデルは、中津市にある「ガンショップ 元」様の常連サバゲーメンバーの二人です。
ご協力ありがとうございます。

●装備例

%e6%ad%a3%e9%9d%a2%e8%83%8c%e9%9d%a2

どちらも一度は目にした事のある模様ではないでしょうか。
写真左 : デザートピクセル(肘/膝パッド付) 主に砂漠地帯のような場所で活躍します。
写真右 : ウッドランド(肘/膝パッド付) 主に森林地帯で効果を発揮します。

ただ迷彩服を着ているだけではなく、様々な装備品がありますね。
ここまでやるとカッコイイですね。
「写真撮るって事前に言ってくれてれば、もっとガチンコ装備にしたのに」だそうです。
マジか!?

では、簡単に装備品を説明します。

%e5%90%84%e9%83%a8%e9%9b%86%e5%90%88

頭部はキャップとヘルメットに分かれてますが、頭部を保護するのは大切です。
一番保護しなくてはならない「目」はサバゲー専用のゴーグルを装備しています。
今回はヘッドセット(無線)を付けているのでゴーグルのみですが、できれば顔全体をカバーするフルフェイスをおすすめします。

胴体部は二人ともプレートキャリアを装着し、それにマガジンポーチや無線などを取り付けています。
他には、ハンドガンの紛失防止ための「ランヤード」や、使い終わったマガジンなどを素早く収納するための「ダンプポーチ」を腰に装備しています。

足元はブーツタイプとトレッキングシューズタイプに分かれていますが、どちらも丈夫でしっかりとした物を履いています。

●いくらくらいするの?

みなさんがイメージするサバゲー装備は、上の写真のような感じではないでしょうか?
あそこまで揃えるとそれなりの金額かかってしましますが、商品もピンキリなので、よほどこだわらない限り安価で揃えることができます。
当店で扱う装備類は、なるべく財布に負担をかけないような価格帯の商品を置く予定です。
必要な装備は

・迷彩服 5000円前後
・ゴーグル、キャップ、グローブ、肘/膝パッド、マガジンポーチ  各1000円~3000円前後
・ブーツ 7000円前後

今は安くてもカッコよくてしっかりした商品がたくさんありますが、当店で初心者の初期装備を一式揃えるとすると、2万円前後が目安でしょう。

最近では女性のゲーマーも増えてきているので、Ladysの迷彩服も置く予定です。
知人やいろんなサイトで調べて、お気に入りの装備を見つけましょう!

●普段着でOK

サバゲーに参加するには、まずは銃本体が必要です。
当店ではレンタルもやっていますので、体一つで来店されても良いのですが、やはり自分の銃や装備が欲しくなるでしょう。
銃だけでも高価なので、一度に装備まで揃えるのは大変です。
最低限ゴーグルは専用の物を購入しますが、それ以外の装備は最初のうちは普段着でいいと思います。

普段着OKとはいえ、何でもOKというわけではありません。
最初にコスプレする方もいるというお話をしましたが、大切なのは「安全」かどうかです。
安全に絶対はありませんが、危険要素を減らすことが大事です。

では、普段着を例に説明します。

①頭部&顔

普通に売っているキャップで十分です。
フィールド内は着弾はもちろんのこと、木の枝などでケガをする場合もあります。
耳まで隠せるニット帽もおすすめです。
次に、目を覆うゴーグルは、装備の中でもっとも重要です。
適当なものだと割れる可能性があるので、必ず専用品を使いましょう。

また、プレイヤーの中には「ストックへの頬付けがやりにくい」や「ゴーグルが曇る」という理由でゴーグルのみを着用する方もいますが、顔への被弾は珍しくありません。
できる限りフルフェイスタイプのゴーグルを着用することをおすすめします。

②上半身

長袖のトレーナーやパーカーで大丈夫です。
夏場は暑いですが、最低でも長袖のTシャツは着るようにしましょう。
「腕くらいなら当たっても大丈夫」と思う方もいるかもしれませんが、至近距離で当たると発狂するくらい痛いです。

私だけかもしれませんが、普通は当たったら「ヒット!」と言いますが、「イテッ、ヒット!」と言ったことが何度もあります。
それと、自然界に「黒」の物質はほとんどないので、黒い服は意外と目につきます。

③下半身

長ズボンであることは当然です。
ジーンズやカーゴパンツで大丈夫です。
その下にスパッツのようなものを履くと、痛みを緩和できます。

④靴

なるべくならサバゲー用のブーツが好ましいです。
丈夫で滑りにくく、大抵はくるぶしの上までガードしてくれます。
普通のシューズだと、ハイカットのトレッキングシューズが良いですね。

⑤その他

他に必要なものとなると、グローブ、肘/膝パッド、ポーチ類、チーム識別用のマーカーといったとこでしょう。
グローブについては、手に被弾することもありますが、草や木の枝を払ったときにケガをすることがあります。
見た目を気にしなければ、ホームセンターで数百円で売っているものでも良いと思います。
パッドやポーチは種類も価格もかなりの数あります。
自分の銃やスタイルに合わせて選びましょう。
マーカーは、はっきりと色が分かれば何でも大丈夫です。
赤や黄のガムテームを腕にグルッと巻くのもアリです。

ハンドガンを携帯するなら、ハンドガン用のホルスターも必要になります。

●普段着+αの装備例

%e6%99%ae%e6%ae%b5%e7%9d%80%e8%a3%85%e5%82%99

・頭部:どこにでも売ってる普通のキャップ ¥1000未満
・ゴーグル&フェイスガード:約5000円
・MOLL対応ベスト&ベルト(中古):約3000円(ヤフオク)
・M4系マガジン用ポーチ:約2000円
・ハンドガンマガジン用ポーチ:約2000円(2個分)
・ハンドガン用ホルスター:約5000円
・ダンプポーチ:約1000円

・グローブ(ナックルガード付):約3000円
・膝パッド:¥2000くらい
・ブーツ(サイドジッパー):約8000円

これは私の個人所有物になります。
写真の衣類はウッドランド調のパーカーに厚地のチノパンです。
私的には、これで全然OKです。

サバゲーは好きですが、装備にはこだわりがないので統一感はあまりありません。
特にハンドガン用マガジンポーチは浮いてます(^^;)

実際ゲームに参加するときは迷彩服とこの装備で参加していました。
私は軽装備が好きなので、ハンドガン戦ともなればマガジンポーチをベルトに付け直して、他の装備はすべてパージ。
ハンドガンとスペアマガジンのみの超軽装備で参戦していました。

ということで、「安全性と必要な機能」さえ備えていれば、基本的には自由ということです。
ジーンズにパーカーで参加したからといってバカにされることなんかありませんので安心してください。
装備は自己満足な部分が大きいと思うので、少しずつ揃えていってもいいと思います。

長くなりましたが、装備選びの参考になれば幸いです。

 

 

基本ルール
初女装  

 

カレンダー

SSバナー
バナー道楽1
ufc01
PAGETOP